クックエブリオサポートサイト きっちんぷらす

スチコンレシピ

1039 Recipe
カレーパン

カレーパン

ひき肉カレーでボリュームたっぷり!揚げずにカリッとさせた皮は油っこくなく、とっても軽い食感。

調理モード

スチーム

ホットエアー

コンビ

合計加熱調理時間 約12分

レシピメモ[1人分]

エネルギー:208kcal 食塩相当量:1.4g

材料(16人分[1人分1個])

  • サラダ油小さじ1
  • ショウガ(みじん切り)5g
  • ニンニク(みじん切り)5g
  • タマネギ(粗みじん切り)160g
  • ニンジン(粗みじん切り)40g
  • 合びき肉160g
  • エリンギ(粗みじん切り)40g
  • <材料a>

    •  カレールー(粗みじん切り)50g
    •  ウスターソース大さじ1・1/2
    •  濃口しょうゆ大さじ1・1/2
    •  オイスターソース大さじ1・1/2
    •  砂糖小さじ1・1/2
    •  ガラムマサラ小さじ1
  • <材料b>

    •  強力粉360g
    •  薄力粉40g
    •  ドライイースト6g
    •  砂糖40g
    •  塩6g
    •  スキムミルク20g
  • 仕込み水260g
  • ジャガイモ80g
  • 無塩バター40g
  • 溶き卵:塗卵用20g
  • 焼きパン粉65g

分量

  • 16人分[1人分1個]

※掲載レシピはクックエブリオ専用のものとなります。

下ごしらえ

・ジャガイモは柔らかく茹でて、粗熱を取る。

・焼きパン粉の作り方について→詳しくはこちら

設定

設定 モード 水蒸気量 時間 温度 風量
1 スチーム 1分(予熱のみ使用) 35℃
2 スチーム 1分(予熱のみ使用) 35℃

※予熱完了後にスタートボタンは押しません。(予熱後の余熱で発酵させるため。)

設定 モード 水蒸気量 時間 温度 風量
3 ホットエアー 12分 170℃

作り方

  1. 鍋にサラダ油を引いてショウガ、ニンニクを香りが出るまで中火で炒め、タマネギ、ニンジンを加えて炒める。
  2. 1に合びき肉を加え、肉に9割程火が通ったら、エリンギを入れてさらに炒める。
  3. 2に<材料a>を加えて少し煮詰め、粗熱が取れたら16等分(1個約30g)にする。
  4. パンこね機に<材料b>を入れ、仕込み水を少しずつ加えて15分に設定する。こね始めて5分後、ジャガイモ、無塩バターを加えてさらにこねる。ボールに移し、20mmのホテルパン1枚にのせる。
  5. 4のホテルパンを【設定1】で予熱後、スタートボタンを押さずに、庫内の余熱で生地の芯温を26〜27℃に保てるようにし、生地が1.5〜2倍になるまで40分程発酵させる。フィンガーテストをして十分であれば発酵完了。(一次発酵)
  6. 5の生地を取り出し、16等分(1個約50g)にして切り口がないように丸め、布巾をかけて常温で15〜20分程休ませる。(ベンチタイム)
  7. 6の生地を麺棒で直径8〜9cm程に伸ばし、中央に3のカレーフィリングをのせて包み、とじ目を下にして形を整える。溶き卵を生地全体に塗って焼きパン粉をつけ、20mmのホテルパン2枚に並べる。
  8. 7のホテルパンを【設定2】で予熱後、スタートボタンを押さずに、生地が2倍になるまで発酵させる。(仕上げ発酵)
  9. 8のホテルパンを【設定3】で予熱後、加熱する。
  10. 加熱完了後、9のホテルパンを取り出し、パンを網の上にのせて粗熱を取る。

調理のポイント

◆生地をこねる際に入れる仕込み水の温度は、季節(室温)によって調節すること。
 ■算出方法:定数−粉の温度(℃)=仕込み水の温度(℃)
 ■定数:春・秋40〜45、夏35〜40、冬45〜50
◆作り方4で生地のこね上がり温度が26〜27℃くらいになるよう、仕込み水の温度を調節すること。
◆生地の発酵時間は季節によって変わるので、時間を調節すること。
フィンガーテストでは、生地の中心を軽く押さえ、押さえた部分がもとに戻らなければ発酵完了となる。
◆カレーフィリングはしっかり粗熱を取ってから使う。


検索結果に戻る
スチコンならクックエブリオ スチコンならクックエブリオ スチコンで病院食 生産地から レシピ実験室

閉じる